ミニ知識

  • なぜ、卒業式に袴をはくの?

    女子学生の袴姿がはじまったのは、明治の中頃。女性が学校に通うようになり、制服として用いられました。現在の卒業式ファッションは、ここにルーツがあったんですね。

  • なぜ、明治の女性たちの制服を、卒業式に着るようになったのでしょうか?

    明治維新とともに、女性にも進学の道が開かれますが、学校に通えるのはごく一部の裕福な女子でした。清らかな女学生の袴姿は、人々の憧れの的でした。「昔からあった日本のものに対して新しいイメージをふきこむ」。そういう意味でも袴が注目されて、徐々に普及していきました。

  • 卒業式ではくのは女性用の袴。どのような特徴があるのでしょう?

    最大の特徴は、足が左右に分かれておらず、スカート状になっている事。明治初期、女学生はなんと、男性用の袴を履いていたんです!その姿は、「醜くあらあらしい」と、世間の批判を浴びました。袴を身につけ、新しい時代へと飛び立っていった明治の女性たち。いま、卒業を迎える現代の女性たちも、そんな当時の女学生たちの思いを、袴に感じ取っているのかもしれませんね。

  • どんなきもの袴が人気?

    卒業式の定番中の定番といえば、やっぱり矢絣(やがすり)。「矢は、まっすぐ一直線に突き進む」、そんな旅立ちの日にふさわしい吉祥の意味も込められています。現在では2尺袖の着物が人気ですが、中振袖や無地着物に袴を合せる人もいます。あまり堅苦しく考えず、きものに合わせてヘア・メイクや髪飾りをつけて、個性的なおしゃれを楽しみましょう。